毛量の変化や頭皮の対策をしているかをチェックしよう


医療用ウィッグとは、病気などで抗がん剤の治療を行う際の脱毛の悩みを解消するために一時的に使用するかつらのことを言います。特に抗がん剤での脱毛は色々な部分をチェックして選ばなければなりません。ここではその中でも2つのポイントについてをここでは紹介します。

まず1つ目は毛量の変化への対応をしてくれるかをチェックしておきましょう。抗がん剤治療により髪の毛の量は通常期、脱毛期、回復期と大きく変化していきます。毛量の変化が頻繁にあるので、選び方にこだわらないとサイズが合わないとなる可能性もあります。こういった事態は避けたいと思う方が多いですが、避けるためには毛量の変化に対応できる機能が取り付けられている医療用ウィッグであるかをチェックしておきましょう。サイズの調整が可能なら不安やストレスを感じさせないウィッグに出会うことができます。

続いて2つ目はデリケートな頭皮への対策をしているかもチェックしましょう。特に抗がん剤治療などで脱毛をした頭皮はデリケートで雑菌が溜まると頭皮が荒れてしまう原因になりますし、医療用ウィッグの素材によっては頭皮にあたってチクチクして不快さを感じることもあります。そうならないためにも清潔感が保てるよう抗菌機能が付いているタイプや頭皮にあたってもチクチクしない素材を使用しているウィッグを選ぶようにするといいでしょう。

このように2つのポイントについて説明しましたが、まだまだ選ぶときには重要なポイントがあるのでこのサイトでは選び方についてをお伝えします。